2011年09月28日

9月27日 文部科学省 航空機モニタリング群馬県の汚染地図公表

9月27日文部科学省より発表の群馬の汚染地図です。

8月23日〜9月8日、航空機モニタリング。

放射性物質の量が半分になる半減期が30年の

セシウム137で最も蓄積が多かったのは県北部で

福島第一原発より250キロ離れた長野との県境にも

3万ベクレルを越える地域がありました。

群馬大早川教授の放射能汚染地図と合わせて

チェックしてみると興味深いです。

言われているように、距離じゃないのですね。

まだらに散って汚染されています。

この日本全国版の地図を見てみたいです。

文部科学省及び群馬県による航空機モニタリングの測定結果について
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_092714.pdf
(群馬県内の地表面から1m高さの空間線量率)
gunma01.jpg


(群馬県内の地表面へのセシウム134、137の沈着量の合計)

gunma02.jpg

(文部科学省がこれまでに測定してきた範囲及び群馬県内
における地表面から1m高さの空間線量率)

gunma03.jpg

(文部科学省がこれまでに測定してきた範囲及び群馬県内
の地表面へのセシウム134、137の沈着量の合計)

gunma04.jpg

○文部科学省 航空機モニタリング結果一覧
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/monitoring_around_FukushimaNPP_MEXT_DOE_airborne_monitoring/

関連記事
セシウム飛散、250キロ以遠にも 群馬の汚染地図公表
http://www.asahi.com/national/update/0927/TKY201109270600.html

群馬大早川教授の放射能汚染地図(四訂版)
http://suginamikosodate.seesaa.net/article/225745980.html

べじべじ倶楽部
posted by sugihaha at 03:14| Comment(0) | モニタリングポスト・線量マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。