2011年09月28日

9月20日東京都発表 新宿区の土壌からセシウム 

9月20日東京都より

土壌中の放射性物質の測定結果が発表されました。

新宿区にある東京都健康安全研究センターの

深さ0〜5cmの土壌から、

790Bq(ベクレル)/キログラムのセシウム(セシウム134とセシウム137)

が測定されています。

この数値は、福島第一原発事故前に比べて約215〜395倍。

見えないけれど、やはり「ある」のですね。

杉並区にも高濃度の土壌汚染が報告されているようです。

詳しくは、また!

0920sin.jpg
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/radiation_geo.html

○東京都健康安全研究センター
http://www.tokyo-eiken.go.jp/index-j.html

関連記事
【放射能汚染問題、東京都の公式発表を検証】
新宿区内の土壌から福島第一原発事故前の約395倍のセシウムを検出

http://www.otonano-kaisha.com/news_C85znCO1b.html?right

上杉隆が大批判!「現在毎時2億ベクレル放出中」
「新宿の土でセシウム790ベクレル/1kg」を朝日が過小報道! 9/20(2)

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65765253.html


AW・ウォーターサーバー
posted by sugihaha at 02:31| Comment(0) | 杉並区外の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。