2011年09月26日

3・11から半年たって。。

久しぶりのブログです。

3・11から半年たちました。

最初の頃の心臓が縮むような恐怖はなくなり

だんたん慣れていろんなことに麻痺しているように感じています。

放射能対策は赤ちゃんや子どもを持つ親なら

多かれ少なかれ行っていると思いますが、人によって「危険」のレベルは様々。

どこまでのラインでがんばるか。

私のまわりでは、ごく少数情報をシェアできる仲間がいますが

やはり、同じように注意しているようで

やっていること、買っているもの、食べているもの が違います。

自分の許容範囲だけでなく、経済力、実行力、継続力

先はまだまだ長いのでムリは禁物です。

皆さん、がんばっていきましょう!

★以下は中部大学武田教授のブログより引用です。

原発事故6ヶ月と将来(2) 生活編
http://takedanet.com/2011/09/post_981b.html

生活の原理原則は次の通りです。



1) 汚染マップを覚えて、汚染の近いところに近づかないで何気なく被曝量を減らす、



2) 内部被曝は打撃が長く続くので、食材に十二分に注意する、



3) 東北の人も一緒になって「東北を助けるのは被曝するのではない」、
  「汚染を全国に拡げてはいけない」という点で一致協力すること、



4) 限定的な地域にある汚染物質を拡散しない(花火や瓦礫に象徴される)、



です。長期戦ですから、あまり肩の力をはらず、
「被曝は怖くない」と言う人とはあまり激論せず(結果が問題ですから)、
継続的に法律を守ることを求めて行くことと思います。

○中部大学 武田邦彦教授のブログ
http://takedanet.com/

posted by sugihaha at 14:44| Comment(0) | 放射能対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。