2011年07月01日

夏休みの過ごし方/自然放射線量の高い西の地域

福島第一原発より400キロ以上西に離れた

実家の放射線量が、杉並区の自宅周辺と

ほぼ変わらない件について。。

☆自然放射線量が多い場所への避難って

http://suginamikosodate.seesaa.net/article/212497831.html


実家にしても、自宅にしても

3・11以前の数値を測っていないので

事故のあと、どれくらい数値が上がったのか

さっぱりわからないのですが、

自然放射線の場合は、側溝や雨どい下の数値に

とくに変化はないのが特徴という記事を見て測ってみました。

110701_0740~001.jpg

室内も雨どい下も落ち葉がつもったところも

すべて同じくらいです。

杉並区では雨どい下は0.20くらいなので

あきらかに倍高いですね。

そう考えると、

原発事故によって放射線量が上がった地域と

自然放射線量が高い地域

ネットで見ると、いろんな意見があるようですが、

数値は同じなら、自然放射線のがいいのかな〜。

やはり、夏休みは西の方で過ごす方がよいのかな〜と思いました。

また、うちの実家もそうですが

近所に原発があると、そちらの影響で高いのかと

心配していますが、飛散してきた放射能は

雨どい下や側溝で線量が高くなるようなので

数値が全体的に高めでも、場所によって変化がないようであれば

まあ、安心していいのかな、と。

ということで、夏休みに入ったら、また帰省します。

posted by sugihaha at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。