2011年12月19日

東大・早野龍五教授が考える「学校給食による内部被曝」

給食の内部被曝についての記事です。

独自基準を設ける自治体もちらほら出てきました。

少なくとも国の暫定基準は見直して欲しい。

それから検査を。

★ここから引用

東大・早野龍五教授が考える「学校給食による内部被曝」
http://nikkan-spa.jp/95220

子供たちの内部被曝を心配する母親たちの声を受けて、学校給食の放射能測定を独自に行う自治体が続出している。測定器の性能や測定方法、対象となる食材、検出限界値などは自治体によってそれぞれ異なる。さらに、長野県松本市や茨城県常総市のように、国の暫定基準値500Bq/kgよりも低い独自の基準値を設ける自治体も現れた。

◆最も気にするべきなのは内部被曝の積算量

埼玉県川口市と同様に国の暫定基準値以下でも、給食での使用を中止したのが神奈川県横浜市。10月11日から、小学校1校の給食で使用する全食材(十数種類)の検査を前日に行っているが、その直後の10月12日、乾シイタケから350Bq/kgという高い数値が検出されたのだ。
※【埼玉県川口市の場合】⇒http://nikkan-spa.jp/95221

「その乾シイタケは『八宝菜』と『秋味ごはん』に使われる予定でしたが、シイタケを抜いて出しました。しかし、食材によっては抜いてしまうと成り立たない献立もあります。その場合は、数値が判明してから翌朝までの間に献立変更することを考えています」(横浜市教育委員会・清水文子課長)

しかし横浜市は、10月3日に12.2Bq/kgが検出されたマイタケはそのまま給食に出している。

「ホームページでも発表しましたが、問題はありませんでした」(同)と言うが、こちらも「高めの数値が出た場合、流通経路を調べたうえで総合的に判断したい」とのことで、まだ明確なガイドラインはないようだ。

そんななかで、独自の基準値を設ける自治体も現れ始めた。長野県松本市が40Bq/kg、茨城県常総市が30Bq/kg。前者はウクライナと同じ基準を採用、後者は導入した測定器の検出限界値をそのまま独自の基準値としている。一体、どのくらいが妥当な基準値なのだろうか?

東大大学院の早野龍五教授がインターネットで「給食から何Bq/kgが検出されたら弁当に切り替えるか」とアンケートをとったところ2日間で7000件の回答があり、そのほとんどが「1、5、10Bq/kg」に集中した。
(⇒http://nikkan-spa.jp/95220/111122_genshi_5)

kantoutihou.jpg

何Bqで弁当?早野教授は「子供には1Bqでも内部被曝させたくない、というのは心情的には理解できます。しかし、だからといってセシウムを全く取り込まずに生活するというのも無理な話。大事なのは、長期的な内部被曝量の積算です。現在、多くの自治体が導入している簡易検査機は検出限界値が高く、精度も低い。例えば、検出限界値が30Bq/kgの場合、それ以上の数値が1回検出されるより、29Bq/kgを知らずに毎日摂取するといったケースのほうが深刻です」

そこで、早野教授は「1食分の給食を丸ごとミキサーにかけて、1週間(5日分)ごとにまとめ、ゲルマニウム検出器で精密測定する」という方法を提案している。


早野龍五教授
この方式を取り入れているのが神奈川県横須賀市。検出限界値は0.5〜0.7Bq/kgと、非常に低い数値まで測定できる。海老名市も同様の方法を導入した。

「横須賀市のように検査機関に外注すれば、自前でやるよりも正確に、しかも1週間分の測定が1万5000円程度でできます。負担が少なくてすむので、自治体としても導入しやすいでしょう。事後ではありますが、子供たちが実際に摂取してきたセシウムの積算量がわかりますし、高い数値が出た場合に原因を追究して対策をとることができる。汚染度の高い食材のサンプリング検査に加えて、この『給食丸ごとミキサー検査』を行うのがいちばん効率的です」

⇒学校給食を放射能測定する自治体リスト に続く
http://nikkan-spa.jp/107479

【早野龍五教授】
東京大学大学院理学研究科。’52年生まれ、専門は素粒子原子核物理学。反陽子ヘリウム原子の研究で’08年度仁科記念賞、’09年中日文化賞を受賞






西日本のお米あります。厳選米ドットコム




posted by sugihaha at 00:00| Comment(2) | 食の安全 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

瓦礫を受け入れてはならない12の理由

瓦礫受け入れを表明する自治体のニュース。

瓦礫受け入れ反対の意見メールを送るときに

以下の文書を添付しています。

★ここより引用

秋田大教授らがただす 瓦礫を受け入れてはならない12の理由
http://merx.me/archives/14917

[公開質問状1〜12]
1-基準値の100ベクレル/kg以下でも、受け入れる瓦礫が大量であれば放射性物質の量もそれに応じて多くなる。放射性物質の総量が大きければ、単に重量あたりの基準値を守ることが安全確保にむすびつかない。

2-アルファ線核種とベータ線核種の計測を含まない安全確認は安全を保証したことにはならない。

3-焼却時の温度が高ければセシウムが気化し拡散し、温度が低ければゴミと一緒に濃縮され
る。

4-密閉度の高い処分場を用意しても、半減期が長い放射性物質の毒性が消えるまでには、必ず周囲の環境に拡散してしまう。粘土層でも時間の経過で漏れ出すと言われており、一度地下水へと拡散したら、手の施しようがなくなる。

5-産廃施設が環境にもたらす影響は今生きている県民だけではなく、今後秋田に生まれる子供たちにも影響を与える。施設の所有者、産廃業者だけの問題ではない。

6-(福島県と比較すると宮城県,岩手県の瓦礫は)汚染度は低いが、汚染度が低いから、事故現場から遠いからといって、安全を保証されるものではない。

7-全国の自治体のなかには、瓦礫や汚泥の受け入れ拒否を公表しているところも多い。秋田県
全体で、あるいは自治体単位で受け入れた場合、秋田県全体が危険視され、秋田県産の農産物や工業製品が、市場価値を落とし、県経済に多大な打撃を与えることが予想される。秋田県は、風向きと奥羽山脈に助けられ現在までは軽度の汚染で済んでいるが、それが無になる恐れがある。

8-県内の産廃業者にある程度の利益が見込まれるが、放射能を含んだゴミを秋田県が引き受け、危険を背負い込むだけでほぼ何も利益はなく、県民の不安が増すだけで、県民重視の政策とは言えない。

9-放射能に汚染されたゴミはすべて第一義的な責任者である東電が引き取るべきものである。そうした大きな問題群をまっさきに取り上げず、県内への瓦礫受け入れだけを前面に打ち出すことは、将来の県政を考えても疑問が生じる。

10-瓦礫受入れより、避難者救援に尽力するのが筋。

11-秋田県と県内の自治体は、過疎化対策と少子化対策を進めてきたが、瓦礫・汚泥受け
入れは、若い県民の流出や出産・育児に対する不安を増大させてしまう。

12-首都圏の下水処理施設から出る汚泥には高度の放射性物質が含まれている。岩手県、宮城県における汚染瓦礫を受け入れることは、首都圏からの放射能汚染物を秋田県が受け入れる道を開くものとなる恐れがある。








posted by sugihaha at 04:32| Comment(0) | 杉並区外の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

杉並区堀之内小、放射能汚染された養生シートについて危機管理室危機管理対策課へ電話

杉並区内の小学校で高濃度のセシウムが検出されました。
記事にはこの汚染された養生シートを他のごみと混ぜて焼却するとあります。
この件について、杉並区の危機管理室危機管理対策課 [TEL:03-3312-2111(代表) FAX:03-3312-3326] に問合せを行いました。

★ここより引用
東京杉並区の小学校で9万ベクレルのセシウム検出(12/14 09:50)

http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/211214010.html


東京・杉並区は13日、区立小学校の校庭に敷かれていた芝生の養生シートから9万600ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表しました。

 杉並区によりますと、区立堀之内小学校は東日本大震災後の3月18日から4月6日まで校庭の芝生を霜などから保護するために養生シートを敷いていました。杉並区が11月、体育館近くの屋外に保管されていたシートを測定したところ、折り畳んだシートの1センチ上から1キロあたり9万600ベクレルの放射性セシウムが検出されました。現在、シートは杉並区の施設で保管されています。杉並区は環境省の指導でほかの廃棄物と混ぜて焼却し、放射線量を下げたうえで処分する方針です。

★ここまで


危機管理室危機管理対策課 [TEL:03-3312-2111(代表) FAX:03-3312-3326]
へ問合せ

Q 報道は本当ですか? まぜて焼却されるのですか?

A 誤報です。まだどのように処理するかは未定です。

Q 焼却の場合、高井戸清掃工場で燃やされますか?

A 高井戸清掃工場は家庭ごみのみを焼却する施設になります。
 養生シートは産業廃棄物となるため、高井戸で燃やすことはないです。

Q では、万が一、焼却が決まった場合は、どこで燃やすことになりますか。

A まだわかりません。

Q 現在、養生シートはどこにどのように保管されていますか?

A それは公表できません。


基本的には「環境庁からの指示待ち」のようです。

問合せが多いのか、手馴れた様子の返答でした。



posted by sugihaha at 16:42| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。