2011年09月26日

9月26日 牧之原市議会が賛成多数で決 浜岡原発の永久停止決議

牧之原市議会で浜岡原発の永久停止を

求める決議案が賛成多数で可決しました!!

静岡出身としては非常に嬉しいことです。

★ここより引用

浜岡原発の永久停止決議、牧之原市議会が可決


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110926-OYT1T00499.htm?from=y10


中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)から半径10キロ圏内にある同県牧之原市議会は26日の本会議で、運転停止中の同原発について永久停止を求める決議案を賛成多数で可決した。

 決議を受けて同市の西原茂樹市長も本会議終了後、同原発の運転再開を認めない意向を表明した。いずれも法的効力はないが、中部電と安全協定を結んでいる地元4市で、こうした決議の可決や意向表明がされたのは初めて。決議は「『原発は安全』という神話が根底から崩れた」とした上で、「東海地震の震源域真上に立地する浜岡原発は、確実な安全・安心が将来にわたって担保されない限り、永久に停止すべきだ」としている。

 同市は今年6〜7月、市民1300人を対象に同原発の今後について尋ねたアンケート調査を実施。停止や廃炉を求める意見が約6割を占めていた。

(2011年9月26日12時06分 読売新聞)





posted by sugihaha at 20:00| Comment(0) | 杉並区外の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3・11から半年たって。。

久しぶりのブログです。

3・11から半年たちました。

最初の頃の心臓が縮むような恐怖はなくなり

だんたん慣れていろんなことに麻痺しているように感じています。

放射能対策は赤ちゃんや子どもを持つ親なら

多かれ少なかれ行っていると思いますが、人によって「危険」のレベルは様々。

どこまでのラインでがんばるか。

私のまわりでは、ごく少数情報をシェアできる仲間がいますが

やはり、同じように注意しているようで

やっていること、買っているもの、食べているもの が違います。

自分の許容範囲だけでなく、経済力、実行力、継続力

先はまだまだ長いのでムリは禁物です。

皆さん、がんばっていきましょう!

★以下は中部大学武田教授のブログより引用です。

原発事故6ヶ月と将来(2) 生活編
http://takedanet.com/2011/09/post_981b.html

生活の原理原則は次の通りです。



1) 汚染マップを覚えて、汚染の近いところに近づかないで何気なく被曝量を減らす、



2) 内部被曝は打撃が長く続くので、食材に十二分に注意する、



3) 東北の人も一緒になって「東北を助けるのは被曝するのではない」、
  「汚染を全国に拡げてはいけない」という点で一致協力すること、



4) 限定的な地域にある汚染物質を拡散しない(花火や瓦礫に象徴される)、



です。長期戦ですから、あまり肩の力をはらず、
「被曝は怖くない」と言う人とはあまり激論せず(結果が問題ですから)、
継続的に法律を守ることを求めて行くことと思います。

○中部大学 武田邦彦教授のブログ
http://takedanet.com/

posted by sugihaha at 14:44| Comment(0) | 放射能対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。