2011年08月09日

8月8日 首都圏150ヶ所  放射能土壌調査会見

昨日「首都圏150ヶ所放射能土壌調査会見」が行われました。

3・11福島第一原発事故をうけ、

市民への情報共有を目的とした任意の市民グループ

「放射能防御プロジェクト」による土壌調査です。

1丁目離れているだけでも数値は随分違います。

会見でいっていますが、まだらに汚染されているのです。

「疫学的な発表を待っていては遅い!」

と医師がいっています。


★ここより引用
http://www.radiationdefense.jp/investigation

東京都内でも、セシウムが6万ベクレル!

全国土壌調査プロジェクトの第1回として、首都圏約15​0カ所で、放射性物質の降下による土壌汚染調査をおこないました。

これまで放射性物質の拡散状況の調査は、国や​自治体なども個別にしかおこなっておらず、東京・千葉・​埼玉・神奈川・茨城の首都圏全域で統一的に実施されたの​は初めてのことです。
今回、土壌調査プロジェクトに参加した市民の皆さんがそ​れぞれの場所で土壌を採取し、同一の分析機関で核種検査(ヨウ素131、セシウム134、セシウム137)をおこないました。
その結果、放射性物質がどれだけ多く首都圏にも降り注いでいるかが明らかになりました。
調査結果の極めて高い数字は、都内でも高濃度に汚染されたホットスポットが存在することを裏づけています。今後、土壌調査は日本全国に広げていきます。
そして、放​射能被害を防ぐための具体的な提案をおこなっていきます​。

* ■首都圏土壌調査の結果

    首都圏土壌調査結果
  http://doc.radiationdefense.jp/dojyou1.pdf
    関東土壌汚染調査結果マップ
    http://doc.radiationdefense.jp/dojyou_map.pdf

  * ■西日本土壌調査→現在調査中

↓土壌汚染調査についてのコメントを頂きました。

* ECRR(欧州放射線リスク委員会)科学議長
クリス・バズビー博士によるコメント
   http://www.radiationdefense.jp/investigation/comment1

* 京都大学原子炉実験所助教
小出裕章氏によるコメント
   http://www.radiationdefense.jp/investigation/comment2


★ここまで

○放射能防御プロジェクト
http://www.radiationdefense.jp/

○ニコニコ動画  http://www.facebook.com/l/JAQBdi3lOAQBOP4FOQbPexH9mDMjrmVOkgSyZM_H9e_OVkA/live.nicovideo.jp/gate/lv59077021

○アワープラネットTV録画配信
http://www.ourplanet-tv.org/


リロバケーションズ宿泊予約プロモーション
もちろん家族でも☆京都もあります! 別荘の格安体験
posted by sugihaha at 03:58| Comment(0) | モニタリングポスト・線量マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。